へっぽこ里親日記

FOSTER CARE

宮城県仙台・松島旅行②東日本大震災復興状況視察。

【ファミリーホームふるかわ】

 

ファミリーホーム全国研究大会のテーマ「未来へつなぐ命」には、

東日本大震災の教訓を忘れない、という想いも込められています。

 

平成23年3月11日に発生した大地震に関する情報は、

7年が経過した今では、ほとんどメディアで知らされることもなくなりました。

 

平成23年は、「ファミリーホームふるかわ」で一緒に生活をしている女の子が

生まれた年。ちょうど彼女は今年小学校1年生になりました。7年の歳月。

著しい制限の中で被災地に生まれた子どもたちも、同じ歳です。

 

仕事の関係で南相馬市の保育園復興支援へ行く都合もあり、

全国研究大会を先に抜けさせていただき、

その途中で被災地復興状況の視察に行きました。

 

その道中、子どもたちが何を感じたかはわかりませんが、

「実際にその場に立つこと」は、とても大切なことだと

私自身、この復興支援に初めて連れてきてくれた先輩から教わりました。

 

 

大川小学校跡地。

犠牲になった児童数74名。

犠牲になった教職員数10名。

襲った津波の高さ8.6メートル。

地震発生から51分後に襲った津波。

 

 

 

 

 

 

 

 

津波が押し寄せ、甚大な被害を受けたとは思えないほど

おだやかで、きれいな海。松川浦。

 

後ろには、延々と続く白く高い防波壁が出来ていました。

 

 

南相馬市の保育園復興支援(夏祭り)

 

 

 

へっぽこ里親紹介

へっぽこ里親紹介

カテゴリ別の記事

  • カテゴリーなし
ページの先頭へ