へっぽこ里親日記

FOSTER CARE

社会的養護の基本理念。

【へっぽこ】

社会的養護の基本理念

 

①子どもの最善の利益のために

児童福祉法第1条

「すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。」

 

児童憲章

「児童は、人として尊ばれる。」

「児童は、社会の一員として重んぜられる。」

「児童は、良い環境の中で育てられる。」

 

 

 

児童の権利に関する条約第3条

「児童に関するすべての措置をとるに当たっては、

 児童の最善の利益が主として考慮されるものとする。」

 

 

社会的養護は、子どもの権利擁護を図るための仕組みであり、

「子どもの最善の利益のために」をその基本理念とする。

 

 

②すべての子どもを社会全体で育む

社会的養護は、保護者の適切な養育を受けられない

子どもを、公的責任で社会的に保護・養育するとともに、

養育に困難を抱える家庭への支援を行うものである。

 

 

子どもの健やかな育成は、児童福祉法第1条及び第2条に

定められているとおり、すべての国民の努めであるとともに、

国及び地方公共団体の責任であり、一人一人の国民と社会の

理解と支援により行うものである。

 

 

児童の権利に関する条約第20条では、

「家庭環境を奪われた児童又は児童自身の最善の利益にかんがみ

その家庭環境にとどまることが認められない児童は、国が与える

特別の保護及び援助を受ける権利を有する。」と規定されており、

児童は権利の主体として、社会的養護を受ける権利を有する。

 

 

社会的養護は、「すべての子どもを社会全体で育む」をその基本理念とする。

 

 

 

 

 

 

平成24年3月29日
厚生労働省雇用均等・児童家庭局長通知

へっぽこ里親紹介

へっぽこ里親紹介

カテゴリ別の記事

  • カテゴリーなし
ページの先頭へ